こんばんは~、占い師カノンです。

先日も書きましたが、
いよいよ明日、海王星がうお座へ移動します。

海王星は1つの星座に、だいたい14年間滞在します。
なので、星座を移動するのは実に14年ぶり、ということになります。
実は海王星は、2011年4月5日~8月6日に
うお座にいったん入ったのですが、
また逆行してみずがめ座に戻っていたのでした。
行きつ戻りつしながらゆっくりと進み、
明日からは完全にうお座に移動するわけです。

さて、海王星はうお座の支配星です。
海王星がうお座に入るということは、
慣れ親しんだ実家に戻ってきたようなもの。
とっても居心地が良い状態。
リラックスして存分に力を発揮できるような感じかしら。。

海王星のうお座入りを社会的に見てみると・・・
海王星は、私たちの無意識のなかにある
憧れや理想、夢などを表します。
うお座に海王星がくると、うお座の象意である
目に見えないもの、精神世界、心理学、芸術、福祉などに
私たちの意識が向いていくのかもしれません。

また、うお座は、人との境界線を持たない星座です。
無意識のうちに他者と一体化しようとするのです。
なので、誰かや社会や思想などに
つながろうとする気持ちが強くなっていくかもしれませんね。

そして、海王星がうお座に滞在するこの期間に産まれる人たちは
生涯にわたって、うお座の海王星の影響を受けることになります。
うお座海王星の期間は約14年間あるので、
個人に影響を与えるというよりは、世代に影響を与えることになります。

この世代の人々が成長して、
社会に強く力を発揮する年代になったときには、
うお座海王星的な考え方や生き方がメジャーになっているかもしれませんね。

ちょっと長くなってきたので続きは明日に。。
明日のテーマは、
海王星が個人天体にどのような影響を与えるか、です。
たとえば、うお座に太陽や月、金星などを持っている人にとって、
これから来る海王星がどのような影響を与えるのか・・・
そんなことを見ていきたいと思います。