こんにちは~、占い師カノンです。
ちょっと間があいてしまいましたが
みなさまお元気でしょうか。

さて、今日12日から、
幸運の星『木星』がふたご座に入りました。
約1年間滞在したおうし座からの移動です。

木星は、拡大や発展、ラッキーチャンスや喜びごとなどの分野を司ります。
そしてふたご座は、
情報、コミュニケーション、学習、旅行などの分野を司ります。
みなさま、これからの1年間は、
“ふたご座木星”というテーマを意識して過ごしてみてくださいね。

たとえば、
身近な人とのコミュニケーションに力を入れたり、
なにか習い事を始めたり、
短期の旅行に出かけてみたり、
ネットを使って情報を収集または発信したり・・・
ということをすると
ふたご座木星のパワーを上手に使えるでしょう。

さて、
木星は、1つの星座に約1年間滞在します。
12星座を1周するのには、約12年かかるわけです。
よく、占いの本などに
「今年は12年に1度の大幸運期」などと書かれていますが、
それはその星座に木星が滞在していますよ、
ということを意味しているわけです。

木星がふたご座に滞在するのは、
本日から2013年6月26日まで。
この期間は、ふたご座の人にスポットライトが当たることになります。
木星の影響を強く受ける期間は、
とにかく積極的に行動すること!
「12年に1度の大幸運期」という響きに気を良くしているだけでは
なにも起こりません。

鑑定にいらっしゃるお客様でも
「特になにもありませんでしたけど・・・」と
おっしゃる方が結構いらっしゃいますが。。
なにか、棚ボタ的にいいことが降ってくる・・・、
白馬の王子が自分を迎えに来る・・・
な~んてことは残念ながらありません。
むしろ、自ら積極的に動いて、自分から働きかけてこそ
いろんなチャンスが訪れたりします。

また、その渦中にあるときは
「これぞ幸運!チャンス!」などと思うことは難しいかもしれないですね。
でも、この時期に得たものや出逢った人などは、
あとで振り返ってみると、
自分にプラスになっていることを実感したり、
この時期が大きなプラスの転機になっていたと気づいたり、
なんだかんだ忙しかったけど充実していたなぁ、
な~んて思うことになると思います。

太陽星座は、女性にとっては
父親やダンナさんも意味します。
なので、木星の恩恵が
自分のお父さんやダンナさんに出ることもあるかもしれません。

たとえばダンナさんが大出世したりとか・・・!
まぁでも、それではもったいないので(笑
自分でなにか目標を定めて頑張ってみましょう!
せっかくスポットライトが当たる時期ですから、
迷わず舞台に上がっちゃいましょう。

木星には、増やす、広げる、という意味もあります。
そのため、たとえば活躍の場が増えたり、
仕事が増えたり、チャンスが増えたりして、
とにかく忙しくなった!という人もいるかと思います。
ただ忙しいだけ、と思うこともあるかもしれませんが、
その忙しさの中にも、今までにない新しいチャンスの芽が含まれていることも。
だから、忙殺されるだけでなく
自分の意志や目標を明確にするよう意識してみてはいかがでしょう。

注意点としては、
気が大きくなりすぎて
「あれもこれも」と手を広げすぎてしまうこと。
木星が去る頃には収拾がつかなくなっていた・・・なんてことに。。
また、自信を持って行動することは大切ですが、
自分の能力を過信しすぎたり傲慢になったり、
何とかなるさと怠惰になったりするのは禁物ですよ~。