こんばんは~、占い師カノンです。

またまた芸能ネタになりますが・・・。
先日、女優の賀来千香子さんが、
俳優の宅間伸さんと離婚して話題になりましたね。
なんでも、“芸能界きってのおしどり夫婦”だったとか?!
まぁ、マスコミがイメージを作り上げてしまうことは
よくあることなのでね。。

賀来千香子
1961年10月17日生まれ
太陽:てんびん座23度


今まで何度も書いていますが、
現在、てんびん座には土星がいて、
終わりのほうの度数を運行しています。

てんびん座23度に土星が乗ったのは、
2011年11月で、現在の土星は29度にいますが、
2月7日から逆行を始めて、6月にはてんびん座22度まで戻り、
その後また向きを変えて30度まで進みます。

さて、今回の離婚発表ですが、
やはり土星の影響があったのではないかと思います。
土星が来たから離婚を考えた、というのではなく、
土星が来たから、結論を出した、という感じ。

土星は、
長い時間をかけて
物事を整理して整えていく、
結果を出していく、
という星です。
現実と向き合い、今までのやり方を検証し、
これからどうしていくのかを決定する。
今までと同じようなやり方では通用しなくなり、
もう1つ大人になるためのステップを上がらなくてはなりません。
必要なものとそうでないものを選別し、
方向性を1つに絞っていく・・・。
賀来さんの場合は、それが“離婚”ということだったのでしょう。

面白いことに、夫だった宅間伸さんも
土星の影響をバッチリ受けています。

宅間伸
1956年4月18日生まれ
太陽:おひつじ座27度


おひつじ座は、てんびん座の正面に位置する星座。
なので、土星からの影響は、
てんびん座の次に強く受けています。
夫婦同時に土星の影響を受けて、
お互いに納得しての結論づけ、だったかもしれませんね。

土星が来たからといって、
必ず離婚するわけでは決してありません。
でも、離婚する人も結構多いのは事実。
ちなみに、離婚と逆に、
結婚する人も結構多いです。
あとは、子供が誕生するとか。
結婚して家庭を持つことや、子供を産んで親になることで
「責任」ある立場になる=大人になる、ということなんでしょうね。

どの事象が出るかは、
その人がそれまでにどんな生き方をしてきたかとか、
年齢的なタイミングにもかかってくるでしょう。
いずれにしても、
「太陽」は、私たちの人生の方向性や、「核」となるものを象徴するので、
人生上でも大きな変化が生じやすいのです。