こんばんは~。占い師カノンです。

昨日は大阪でのダブル選挙でしたね。
橋下徹氏が大阪市長に見事当選されました。
任期を残して大阪府知事を辞職して大阪市長に立候補。
そして宣言どおり新市長に当選。
とってもスムーズな流れのように思えますが、
大阪を根本から変えなくては、という
彼の意志が本当に強かったからこそ実現したものだと思います。

橋下徹氏
1969年6月29日生まれ
太陽:かに座6度

かに座の支配星は月です。
月は、わたしたちの感情を支配します。
感情は常に揺れ動くもので、不安定なもの。
その月を支配星に持つかに座は、
感受性がとても豊か。
そして、誰かとの感情的なつながりを強く求めています。
いつも感情が安定していられるように、
心から気持ちが通じ合う人々と、安心できる環境の中で暮らしたい。
それがかに座の究極的な願いなのではないでしょうか。

また、月は母親の象徴でもあります。
なので、かに座の人は、男性であっても母性に溢れていて
世話好きで面倒見の良い人が多いです。
世話好きすぎて、たまにおせっかいになるぐらいに^^;
そして、とっても子煩悩だったりしますね。
家族や子供との時間をとっても大事にする人が多いです。
橋下氏は3男4女の父。
さすがかに座!!

きっと橋下氏は、
子供たちや家族を守りたい。
安心して家族が暮らせる大阪にしたい。
そにためには強い自治体にならなくてはならない。
大阪住民と気持ちを通じ合わせて
みんなで1つの家族みたいになろう。
そのためには自分がひと肌脱ごう。
自分が大阪市民に愛情を注いで、
みんなが安心して暮らせる大阪に育てていこう!
そんな気持ちが根底にあるのではないかしら。

さて、現在の惑星の動きを見てみると。
冥王星がやぎ座の6度にいます。

橋下氏の太陽かに座と、やぎ座の冥王星はちょうど対面に位置しています。
対面からの影響は、
惑星同士が同じ星座で重なる場合の次に、影響力が強いです。

冥王星は、人間の力は到底及ばない破壊と再生の星。
冥王星が太陽に影響を与えるときは、
有無をいわさない運命的な変動が起こりやすいです。
仕事や生き方など、その人の根本的な部分を大きく変えてしまうような出来事が起こりやすい。

ただ、冥王星の動きはとーーーってもゆっくりで。
1年に1度~2度しか動きません。
過ぎたと思ったらまた戻ってきたり。。
本当にゆっくりなので、冥王星の影響は長い時間をかけて
じっくりじわじわと効いてくるイメージです。

おそらく、リアルタイムに惑星の影響を体感することは
ほとんどないと思います。
だけど、数年たってから振り返ったときに、
「ああ、あの時期は人生の大きなターニングポイントだったな」
と実感したりするものです。

冥王星がやぎ座の6度にいる期間は、
2011年1月~2012年9月まで。
きっとこの間に、彼の中では大きく意識が変わるようなことが
あるのでしょう。
今はその真っ最中、という感じですね。
彼の場合、弁護士から知事に立候補したことが
大きく人生が動くきっかけになったと思います。
その時期は、2008年1月。
ちょうど冥王星がやぎ座入りした時期と重なっています。

この時期から、ゆっくりと変化してきたものが
今まさにピークを迎えているのかもしれません。
きっと、来年が終わる頃には、
完全に以前の自分とは変わったんだ、ということが
実感できるのではないでしょうか。