こんばんは~、占い師カノンです。

歌手のホイットニー・ヒューストンさんが亡くなりましたね。
彼女の全盛期は、1980年代から90年代。
まさにわたしが思春期の頃。
その頃をリアルタイムで知っている身としては
48歳というあまりにも早い彼女の死が、
ただただ残念でなりません。

彼女の死因は特定できていないようですが、
薬物を使用していた可能性もあったり、
もしかしたら自殺の可能性もあったり。。
死の直前は、
あまりまともな精神状態ではなかったかもしれませんね。
彼女の輝かしい功績は、いまさら語るまでもないですが、
成功とは裏腹の私生活の悲惨さは・・・
まさに光と影。
特に、結婚してからは
夫のボビー・ブラウンからのDVや、
薬物やアルコールなどへの依存症、摂食障害などで
リハビリ施設への入退院を繰り返していました。

この夫ですが・・・。
今ではもうあまり知っている人はいないのかしら?
でも、彼も昔は一世を風靡した大物歌手だったんですよね。
なにを隠そう私は彼のファンで、CDも買っていました。
でも、ホイットニーとボビーの格差はあまりにも大きかったようで。
世界的な歌姫と、R&B界のシンガー。
私的にはぜんぜんつりあってると思うのですが、
“格下婚”や“ダメンズ婚”などと揶揄されることが多かったようです。

その結果、
ボビーのプライドはズタズタになり、
ドラッグやアルコールに浸るように。。
ホイットニーは、スターの立場を捨ててまで
ボビーの妻であろうと努めるのですがうまくいかず。。
そのうち彼女も依存症へと堕ちていくわけです。

絵に描いたような転落人生。
うーーーん・・・切ないです。
人の心って、難しいですね。
頭では分かっていても、感情がついていかなかったり。
相手を愛しているのに、真逆の行動をとってしまったり。
愛しているがゆえに、相手の前では弱くなってしまったり。

ホイットニー・ヒューストン
1963年8月9日生まれ
太陽:しし座15度


ホイットニーはしし座生まれです。
太陽を守護星に持つしし座は、
生まれながらに太陽のように輝く人生を送れる人なのです。
自分を肯定して、
明るく堂々と自己表現する。
本来そこには、
暗さのかけらも嘘偽りもありません。
太陽のように輝き、
まわりを明るく照らすことが
しし座生まれの人が「生きる」ことだと言っても過言ではないでしょう。

でも、結婚後の彼女の生き方は、
およそしし座っぽくないように思えます。
もちろん、夫に尽くす生活は彼女が選んだことですが、
それによって輝きをなくしてしまったことは否めないと思います。
相手に気を使って、顔色を伺って、
目立たないように出すぎてしまわないように・・・

そんな生き方はまるで、
雲に隠れてしまった太陽みたいなものです。
もしかしたら、
彼女は無意識にそんな生き方に矛盾を感じていて、
その矛盾から目をそらしたくて
ドラッグやアルコールに逃避したのかもしれませんね。

私は彼女の太陽星座を知らなかったのですが、
訃報を聞いて調べてみて「しし座」だと分かったときに、
「ああ・・・もったいない」と思ってしまいました。
彼女の人生は彼女のもの。
他人がどうこういう問題ではないのですが、
それでも、やっぱりもったいないなぁと思わずにいられませんでした。

いつからか、まったく名前を聞かなくなってしまったし、
ネット上で話題になるのは
夫のボビー絡みで苦労していたり、本人の依存症の話だったり。
あれだけの大スターが第一線から姿を消して、
才能を眠らせてしまったのが、なんだか切なくてねぇ・・・。

心からご冥福をお祈りします。