こんにちは~、占い師カノンです。

ダルビッシュ選手と紗栄子さんの離婚が
ついに今日成立するそうですね。
⇒関連記事はこちら

離婚に関しては、当人同士、夫婦間の問題なのでね。
夫婦にしか分からない理由があり、
夫婦にしか分からない事情があると思います。
ただ、二人はどんな星を持っているのか、は
やっぱり気になります^^

相性を見るというのは、実はとっても難しいです。
「相性をみてください」というご依頼は
鑑定をしていてもとっても多いのですが。

占いで、
この人とは良い相性、悪い相性、などと決めることは
私は出来ないと思っています。
というか、良い悪いというのは
あくまでも相対的なものであって、絶対的なものではないので。
そもそも、何を基準にするのか、という話なのです。

また、良い相性だからといって努力をおこたれば、
そんな関係は簡単に壊れてしまうでしょう。
また、悪い相性と言われたとしても、
そこから学ぶべきことはたくさんありますし、
離れない2人はたくさんいます。
さてさて、前置きが長くなりましたが。。

ダルビッシュ有
1986年8月16日生まれ
太陽:しし座22度

紗栄子
1986年11月16日生まれ
太陽:さそり座23度


二人とも、16日生まれなんですね~。
生まれ日が同じとか1,2日違いだったりすると
星座によっては度数が近くなります。
この2人も、しし座22度とさそり座23度で1度違い。
しし座とさそり座は、90度のスクエアという関係になるのですが、
2人の場合、かなりタイトなスクエアを形成しているのです。

スクエアは、不調和、不安定さを意味します。
分かり合えないことが多く、ぶつかりやすい関係です。
異質のものすぎて、お互いに理解不能・・・と思いやすい^^;

でも、大きく成長するには
このスクエアという角度はとても有効です。
問題が起きるからこそ、ぶつかり合うからこそ
どうすればうまくいくかを考えることが出来る。
妥協点を見つけようと努力することができれば、
今までとは違う自分に成長できるのです。

まぁでも、そんなに簡単な作業ではないんですけどね。
ちょっとした苦痛は伴うことになるでしょう。
だから普通なら
「そんなしんどいのイヤだ~」って思って
さっさと逃げたり離れたり。
なんとなく本能的に避けたくなったり。
そんなふうになりやすいかもしれません。

さて、この2人。
ダルビッシュのしし座は、火の不動宮に属します。
火の不動宮は・・・
自分に対して絶対的な自信があります。
人生には常にドラマチックなものを求めていて、
自分がその主役であることになんの疑いも持っていません。
誰に対してもオープンで正直です。

一方、サエコさんのさそり座は、水の不動宮に属します。
水の不動宮は・・・
自分の中にある“情念”を大事にします。
それは決して消えることのない炎となって、
いつまでも心の中で燃え続けます。
芯がとても強くて忍耐力がありますが、
簡単に人に心を開くことはなく、本心を見せたがりません。

お互いに、基本的に求めているものが違います。
しし座の太陽は、ドラマチックに自分を表現する生き方。
さそり座の太陽は、自分の情念を内に溜めんでいく生き方。
2人とも不動宮なので、
頑固で自分の信念や考えを決して曲げないところがあります。
誰かに合わせて自分を変えるということが大の苦手。
そして、不動宮同士がいちどぶつかると、
じっとお互いが動かない“冷戦”状態になりやすいのです。

また、2人それぞれの
太陽~冥王星までの10天体を調べてみたところ。
ダルビッシュは風の天体は1つ。
サエコも風の天体は1つ、でした。
風の元素がとーーっても不足している2人。

風が扱うのは、情報、知性、コミュニケーション。
おそらく、2人の間では
密なコミュニケーションとか話し合いが
あまりなされなかったのではないかしら。
相手の言い分を聞くこともなく、
2人の妥協点を見つけようとすることもなく、
冷静に自分たちを省みることもなく・・・
という感じできた結果、離婚に発展してしまったのではないかと思います。

まぁ、これは憶測でしかないのでね。
それに太陽星座同士の性質を見ただけなので
もちろん、これがすべてではありません。

ちなみに、
結婚生活を送る上でとても重要な「月」同士の相性は、
やぎ座とおうし座でとても良い関係なんですけどね。
一概に、ここがダメだったから、とか
こことここの関係(相性)が良くなかったから、とか
そんなふうに理由づけすることはできないし、
実はそれはあまり関係ないんだと思います。

やっぱり一番大事なのは、“お互いの努力”だと思います。
2人で一緒にやっていくんだ、という気持ちと努力。
その努力をどちらか、または双方が放棄した時点で、
2人の関係は終わるのです。
ただそれだけだと思います。