こんばんは~、占い師カノンです。

西洋占星術で運勢を見る場合、
よく登場するのが木星と土星。
この2つの惑星が私たちの出生図の星にどのように影響するかで
今が発展期なのか、試練を乗り越えて成長する時期なのかを
みていくことができます。

もちろん、これ以外にも
冥王星、海王星、天王星などの大きな影響力を持つ惑星の動きも
考慮しなくてはいけませんが、
中期的な運勢は木星と土星で見ることが多いです。

というのも、
土星は約2年半の間1つの星座に滞在し、
木星は約1年間1つの星座に滞在するのです。
だから、
毎年の運勢なんぞを見るときなどは、
土星木星コンビの動きをチェックすることがとても大事なのです。

ちなみに、
冥王星と海王星は、十数年かけて1つの星座に滞在し、
天王星は約7年間1つの星座に滞在します。
動きがとってもゆっくりなので、
その影響力もはかりしれません。

さてさて。
木星はよく、ラッキースターと言われます。
それは木星の性質が、拡大とか発展とかを意味するから。
だから、木星が私たちの太陽星座に影響を及ぼすと
チャンスがやってきたり、
自信がでてきて積極的に行動したくなったりするのです。

一方土星は・・・
木星とは対照的なちょっと重たい意味が並びます。
試練、困難、責任、規律などなど。
木星がアメなら、土星はムチって感じですね。
でも、土星はただ厳しいだけの惑星ではなくて、
わたしたちが成長する上では必要な先生みたいなもの。
土星からの影響を強く受ける時期を抜けたあとは、
ひとまわり大きく成長を遂げていることに気づくはずです。
人生の土台を築くには、土星の力は絶対に必要なのです。

私たちは
この土星と木星の影響を受けながら、
試行錯誤を繰り返して成長していっているのです。
どちらかが欠けてしまったら
人生は味気ないものになるし、
成長もありえないんじゃないかな。