こんばんは~、占い師カノンです。

今日は方位のお話です。

今日は、五黄土星が中宮の日。
干支は癸未(みずのとひつじ)。
未の反対側である東北方位が、日破という“破れ”のつく方位になります。

“破れ”がつくと、
その名の通り“破”の作用が出ることになります。
たとえば、予定がキャンセルされたり
何事も期待通りにいかなかったり、
契約ごとが破棄されたり・・・。
まぁ、日盤だけであれば、そんなに重大な凶作用はもたらさないのですが、
これが月盤や年盤も重なって、ダブルやトリプルで“破れ”がついたりしたら、、
それはさすがに避けたほうがいいかも、ってことになります。

さて、今日私は東北方位にあたる場所に、
書道のお稽古に行きました。
いつもは結構張り切っているし、サボり癖もぜんぜんないのですが
どうも今日はあんまり気乗りしなくて。
教室のある建物についてからも
「今日はやめておこうかなぁ」などと迷っていたぐらい。

それでも気持ちを奮い立たせて到着。
机の上に道具を用意していたところ、
先生に書いていただいた今月の課題のお手本を
全部家に忘れてきてしまったことに気づきました。
やられたー、と思いました。
忘れたのは自分なんですけどね^^;

でも、普段忘れ物なんてほとんどしないので
こーゆーことは結構珍しいのです。
で、これぞまさに“破れ”の作用だなぁと痛感。。
先生のお手本がないまま、
なんとなく課題の文字を練習していたのですが
やっぱり気持ちも集中できないし、
いくら書いても納得いく文字にならないので
普段よりも早めに切り上げて帰ってきてしまいました。

別にすんごい悪いことがあるとかそーゆー訳ではないのですが、
このようになんとなくうまくいかないとか、
ズレみたいなものが生じるときは、
あんまり良くない方位に行っていることが多いものです。

だからと言って、凶方位への移動はすべて避けるわけにもいかないわけで。
凶意を避けるには、
念には念を入れて準備万端!にすることが一番です。
あとは、自分の悪い面が出ないように
謙虚かつ誠実な振る舞いを心がける、ということかしら。

ちなみに、明日も東北方位は“日破”になります。
東北方位へ移動される方は、
ちょっと意識して行動してみてくださいね。
それだけでもかなり変わると思いますよ!