こんにちは~。占い師カノンです。

今日は九星気学による方位の話。
2011年12月の節入りがもうすぐです。

気学による12月は、
12月7日午後8時29分の節入りから
翌1月6日午前7時43分までになります。

12月は七赤金星が中宮の月。

北は三碧木星(○)、
東北は一白水星、
東は五黄土星、
東南は六白金星(天道)、
南は二黒土星(月破)、
西南は四緑木星、
西は九紫火星(暗剣殺)、
西北は八白土星。

ちなみに、北の三碧木星に(○)をつけたのは
12月が子の月で北にパワーが集まるからです。
普段よりもより力が強くなります。

すべての方にとっての凶方位は、
・五黄土星がまわる東、
・暗剣殺(五黄土星の反対方位)の西、
・月破の南。

こちらの方位へのご旅行や引越しは
なるべく避けたほうが良いでしょう。
日々の移動などには関係ありませんので、
あまり神経質にならないでくださいね。

北は、普段よりもパワーが強まっています。
良い運気がもらえますので、
2泊以内のご旅行などにおすすめです。
(3泊以上の場合は、年盤も合わせて見なくてはなりませんので
ちょっと注意が必要です。。)

ちなみに、北に行ってもOKなのは
三碧木星と相性の良い
一白水星、四緑木星、九紫火星が本命星の方です。
※ご自分の本命星を調べたい方はこちら

また、東南も良いパワーが強まりますので、
こちらもお勧めです。(2泊以内がおすすめ)
東南に行ってもOKなのは
六白金星と相性の良い
一白水星、二黒土星、五黄土星、七赤金星が本命星の方です。
八白土星の方は、本命的殺方位にあたりますので
今回はNGです。

方位のパワーは、実際に行ってみた人にしか分かりません。
どうしようかなとためらっている方は、
まずは騙されたと思って行ってみてくださいね^^